インプラント治療の流れ

一般的なインプラント治療の場合、インプラント治療は以下のようなステップで行われますが、必要に応じて、インプラント治療開始前に歯周治療、虫歯治療等のお口の中の衛生状態を整えるなどの残存歯・組織の全般的な治療を行います。

1.診断と治療計画

  • 初診
    インプラント治療についての相談と説明
  • 診査
    病歴や健康状態の問診、口の中の検査、レントゲン撮影、歯形の採取
  • 診断
    治療方針の決定と説明

2.インプラント手術

  • 手術
    インプラントの歯根部を骨の中に埋入します。
    埋入手術は、局所麻酔で行います。歯肉を切開、ドリルでインプラントを入るための穴をあけ、インプラントを入れやすくする為にネジ状の溝をつけます。そこにインプラントを埋入し、傷を縫合します。

3.インプラントと骨の結合

  • 結合
    約 6週間から24週間待ちます。
    インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。

4.歯の装着

  • セット
    インプラントと周囲の骨とが完全結合されたら、人工の歯を装着します。
    インプラント埋入手術に伴う不自由さ、痛みの程度、及びその継続期間は臼歯の抜歯と同じぐらいと考えて下さい。一般的な健康上に異常があったり、何らかの投薬を受けている場合は、必ず担当医と相談して下さい。


インプラント基礎知識
インプラントとは
インプラントの特徴
・インプラント治療の流れ
インプラントのメンテナンス