インプラントとは

歯の最も重要な役割は、噛む事です。前歯は、食物を切り裂く機能と同時に発音機能と審美的な要素を併せ持ち、奥歯は食物を噛み砕きすりつぶす機能を持っています。

虫歯や歯周病によって歯を失った場合に施される補綴処置(さし歯や入れ歯など)の目標は、できるだけ天然歯に近い人工歯を入れ、噛む機能を蘇らせる事にあります。しかし、歯を失うと言う事は、歯冠だけでなく噛む力を支える歯根までも失ってしまっているのです。

インプラント治療とは、失ってしまった歯の部分の顎骨にネジの様な人工の歯根(インプラント)を入れ、その人工歯根の上に人工のさし歯や入れ歯を作り、歯を失う前と同じような機能と審美性を回復する治療方法です。

インプラント治療でも、補綴物(ブリッジや入れ歯)はなくなりはしませんが、大きさが小さくなり、より自然で機能的なブリッジ、または入れ歯にする事ができます。



インプラント基礎知識
・インプラントとは
インプラントの特徴
インプラント治療の流れ
インプラントのメンテナンス